Team Facilitation Lab.
By Team Facilitation Lab. Follow | Public

ゲーミフィケーション×ファシリテーション=目的に向かって主体的に動くチームができる。

役割りを決めなくても、主体的に各自がファシリテーションを発揮すれば、チームが目的に向かって動き出す手法はないだろうか?
たとえば、チームにはリーダー、サブリーダー、課長や係長、プロジェクトリーダーまた、会議などでは進行担当、メモ担当、ファシリテーター。
など役割が決まっていたり、固定されている状態で、チームが機能せず、役職者の判断や指示待ち。
会議ではマンネリ、意見もでず役職者の判断待ち。

その原因ってなんでしょうか?
リーダーのスキル不足?能力不足?
部署移動や退職などでメンバーが変わってしまう?
チーム構成、配置違い?
社員の育成不足?
ファシリテーションや進行方法などの経験不足?
引き継ぎ不足?
雰囲気が悪い?社風?
いろいろな理由はありますよね。

チーム全体を考えると自分一人が変わろうとも、なかなか難しいのも現実です。そこで何か仕組みや考え方、取り入れ方を工夫する方法はないだろうか?私たちはチームの雰囲気を変えて、メンバーがなんとなく変わっていけるキッカケ作りに、ゲーミフィケーションの手法や考え方とファシリテーションの手法や考え方の両方を取り入れることで、実際の現場で活用できるアイデアがないかを考え、それを気づき、学べるワークショップをデザインし、良いチームとは何か?を調査研究し、世の中のチームに貢献することを目標にしています。